PDE5阻害薬って?

満足をする男性

バイアグラは医学的見地に立って言うと「PDE5阻害薬」であると言えます。
PDE5というのは、ホスホディスエステラーゼ(PDE)の類で、サイクリックGMPと呼ばれる物を分解する酵素のことです。
PDEには7パターンのタイプが発見されていて、タイプごとによって分布・作用する役割が分かれています。
その中のPDE5というホスホディスエステラーゼは、人の陰茎海綿体組織(ペニスの内部)に高い濃度で存在している物です。

先ほど記述した通り、PDEはサイクリックGMPを分解する酵素なので、陰茎海綿体の内部でPDE5はサイクリックGMPを分解しようと働きかけます。
GMPには血管を拡張させる働きがあるので、PDE5がサイクリックGMPを分解してしまうと、陰茎内の血管が拡張せず、陰茎海綿体に十分な血液が行き渡らない…という結果に陥ってしまうのです。
それはすなわち陰茎が勃起しない…という事につながります。
バイアグラの主成分である「クエン酸シルデナフィル」はこのPDE5の働きを阻害する役割を持っているので、バイアグラを服用することで陰茎海綿体への血液の流れを確保する事が出来、結果正常に勃起へといざなう事が可能になるのです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧