• ホーム
  • ED治療と市販薬の効果について

ED治療と市販薬の効果について

男性機能の衰えを実感している男性の場合、男性の性機能の向上のためにED治療薬を使用するというのは一般的な選択肢となっています。
この種類の薬の特徴を端的に言うと、勃起しやすくなる薬であるということが出来ます。
この様な薬を使用することで一時的に男性に必要とされる性機能の向上を図ることが出来るのです。
そのためパートナーとの営みに障害を感じている男性にとっては非常に重要な薬として知られるようになってきました。

この様な効果を発揮するED治療薬には日本で認可されているだけでも3種類の薬が存在しています。
それらはいずれも処方薬であり、一般的なドラッグストアなどで市販されてはいません。
市販品の中には性機能の向上効果を謳っているものもありますが、少なくとも処方薬と同じような効果が期待できるものは無いので注意しておく必要があるでしょう。
一般にED治療薬は市販されていないために入手するためには病院で診察を受けて処方箋を書いてもらう必要があるのです。

この様な仕組みで作られている背景にはED治療は全般的に使用上の注意が重要であるという点にあります。
心臓関係の薬との相性が非常に悪く、注意をしなければ命にかかわることもあるという副作用があることは最低限知っておかなければ命を落とすこともある危険な薬であることを理解しておく必要があります。
また、食事との相性も非常に悪いものが多く、バイアグラやレビトラは腸から吸収する仕組みであるために空腹時に使用しないと効果が出ないのです。
食事をすることで吸収が阻害され、効果が落ちることがはっきりとしていますので、ED治療薬には使用上の注意が存在していることを理解しておく必要があります。

関連記事